自宅の庭に猫の糞!!野良猫被害の相談窓口ならココ!

cat-600741_1280

 

自宅の庭にやってきては、糞をしていく野良猫。

 

毎日うんざりしてしまう。

 

でも、飼い猫ではないようだから

苦情の言いようもない。

 

しかも、何匹もいるみたい…。

 

こんな時、どうしたらよいのでしょうか。

 

ここでは、野良猫の被害に困っているけど

どうしたらよいかわからない。

 

毎日庭に糞をされているけど、

誰にも相談しようがない。

 

そんな場合の解決窓口について

お伝えします。

 

今すぐ野良猫被害から自由になりましょう!

 

公的機関に依頼すれば野良猫は捕獲してくれるのか?

titus-63703_1920

まず、頼りになるのが公的機関です。

 

お住まいの地域の保健所や、

動物愛護センターに問い合わせてみましょう。

 

ここで注意したい事があります。

 

それは、多くの地域の保健所や動物愛護センターでは、

捕獲は行ってくれない、ということ。

 

つまり、野良猫に困っている時、

相談することはできますが、

実際に捕まえてはくれない、ということです。

 

しかし、人生相談ではありませんから、

話を聞いてほしいわけではありません。

 

実際に必要なのは、自宅に野良猫が

入ってこないようにすること。

 

家の周りから野良猫を追い払うことでは

ないのでしょうか。

 

では、その場合はどうしたの良いのでしょう。

 

近年、全国的に、犬猫の殺処分を

減らす傾向があります。

 

そのため、自分で捕まえていても

引き取ってくれない場合もあります。

 

自分で行動するまえに、まず問い合わせましょう。

 

動物保護センターに野良猫被害を相談すると解決できる?

23695_pets_vertical_store_dogs_small_tile_8._CB312176604_

動物保護センターの目的は、

あくまで動物の保護です。

 

地域にもよりますが、多くの場合、

動物の引き取りを行っています。

 

そのため、自分で捕獲することができれば、

捕獲した野良猫持ち込むことはできるでしょう。

 

では、持ち込まれた野良猫はどうなるのでしょうか?

 

これも地域によって異なります。

 

しかし、動物愛護センターは

あくまで動物の保護が主目的です。

 

最近では、殺殺処分は減少しています。

 

そのため、もちこまれた野良猫も、

引き取り先を探し、保護する、というのが

ファーストアクトとなります。

 

◆保健所には野良猫をもちこめない?!捕獲の前に確認を!

 

保健所にも、野良猫被害の相談をすることができます。

 

しかし、こちらの保健所も、

野良猫の捕獲までは行っていません。

 

そのため、どうしても困っている場合は、

自分で捕まえて連れて行くことになります。

 

そして多くの保健所では、

近年、殺処分を目的とした

引き取りを行っていない傾向があります。

 

動物保護センターなら、保護を目的に

引き取ってもらえる場合もあります。

 

しかし、保健所は目的が異なります。

 

捕獲してから困らないよう、

行動する前には事前に電話で相談するようにしましょう。

 

今すぐ野良猫を撃退する方法を確認する

コメントを残す