毎日出没!?野良猫のフン害防止に効果的な対策は?

cat-600741_1280

 

今すぐ野良猫を撃退する方法を確認する

 

朝起きてお気に入りの庭を眺めると

毎日猫のフンが!

 

朝から憂鬱になってしまうこと、ありませんか。

 

猫は毎回決まった場所にフンをする習性があります。

 

そのため、猫がトイレと認識した場所には

毎回やってきて、フンをしていくのです。

 

しかし、それが自宅の庭だったら、

こんな困ったことはありません。

 

毎日毎日…。

 

この人知れず行っている、野良猫との闘い、

どうしたら勝つことができるのでしょうか。

 

猫の苦手な臭いで撃退!おススメはコーヒーかす?!

titus-63703_1920

野良猫を追い払うには、猫の嫌いなものを

賢く活用することがおすすめです。

 

たとえば臭い。

 

猫は人間よりとても鼻の良い動物です。

 

そのため、人間には何とも思わない臭いでも、

猫にとっては臭くてたまらないことも…。

 

また、人間には良い香りでも、

猫にとっては苦手な香り、というものもあります。

 

香りをうまく組み合わせると、

猫を遠ざけることも可能です。

 

そこで、野良猫のフン被害防止に役立つのは

コーヒーかす。

 

コーヒーを入れた後の豆のかすです。

 

コーヒーかすには、コーヒーの香りが

残っていますね。

 

また、消臭作用もあります。

 

猫が苦手な香りな上に、消臭できるので、

猫がよくフンをしてく場所に播いておきましょう。

 

臭いは土の中まで染み込んでいるので、

花壇などであれば、土に混ぜ込んでしまうのが

おすすめです。

 

防犯ライトで猫を驚かす!強烈な光で野良猫撃退のコツ

dog-maxi-landing-hero

防犯対策用のグッズの中には、

猫にも有効なものがあります。

 

その一つが、防犯ライト。

 

玄関先などに着けるタイプのものです。

 

この防犯ライトは、センサーが付いていて、

人が通ると、ライトが付きます。

 

これば防犯効果があるだけでなく、

猫を追い払うのにも有効。

 

猫は急に光を当てられるとびっくりします。

 

日中は効果がありませんが、

夜間にやってきてフンをされている場合、

効果が見込めます。

 

ただし、この防犯ライトにはデメリットも。

 

ライトの光自体は、

猫の苦手なものではありません。

 

そのため、猫を驚かすことはできても、

習慣的に来ないようにさせるのは

できない、ということです。

 

猫は頭の良い動物です。

 

なので、「ここを通るとあかるくなる」と

覚えてしまうと、まったく効果がなくなるのです。

 

効果で選ぶなら野良猫撃退グッズ!?その実力とは

cat-600741_1280

猫の習性を活かした撃退、ということになると

野良猫専用の撃退グッズがおススメです。

 

猫は大変頭が良いので、

驚かすだけでは習慣的に追い払うことは

できません。

 

それよりも、猫の不快感に訴えて

猫が自ら寄り付かなくなる工夫が必要です。

 

そうした効果があるのが、

野良猫専用の撃退グッズ。

 

猫の苦手とする音で、毎回追い払います。

 

猫に苦手意識を与えてしまえば、

猫はその場所を好まなくなります。

 

そうすれば、もう来ることはありません。

 

猫の習性を逆手に取った対策が

一番効果があるのです。

 

今すぐ野良猫を撃退する方法を確認する

野良猫のフンから庭を守る!一番効果があるフン対策とは

  titus-63703_1920

 

今すぐ野良猫を撃退する方法を確認する

 

庭の芝生の上に、コロンと転がった猫のフン…。

 

見るたびにげんなりしてしまう。

 

大切に手入れをしている花壇、

掘り起こしてトイレにされている。

 

そのせいで猫が嫌いになってしまった!

 

そんな人もたくさんいます。

 

猫は気ままに外を歩き回ります。

 

野良猫のフン害から自宅を守るには、

自分で対策をするのが一番。

 

いったい、どうしたらよいのでしょうか。

 

設置簡単!花壇の掘り起し防止にとげとげマットの実力は

23695_pets_vertical_store_dogs_small_tile_8._CB312176604_

猫が大切な花壇をトイレにしている場合、

おススメなのはとげとげマットです。

 

とげとげマットのメリットは、

敷いておくだけで、猫は底を掘り返すことが

出来なくなる、ということ!

 

このため、花壇に植えた花の脇などに

敷いておくと効果的です。

 

ただ、弱点もあります。

 

とげとげマットの自体は、

猫にそこまで不快感を与えません。

 

簡単にまたいでしまうこともできます。

 

なので、とげとげマットをさけて

花壇に侵入することもできる、ということです。

 

また、マットが敷いてある場所は

猫は掘り起こすことができません。

 

しかし、地面を掘り起こさずに糞をするタイプの

猫の場合、マットは無意味です。

 

花が植えられている、その場にも

敷くことはできないので、

使える場所が限られている、というのも難点です。

 

簡単撃退なら水入りペットボトル!本当に効果はあるの?

dog-maxi-landing-hero

最も簡単ですぐできる撃退方法といえば、

ペットボトルに水を入れ設置する方法。

 

今でも、庭先などに設置している人を

よく見かけます。

 

この水入りペットボトルのメリットは、

なんといっても簡単で経済的なこと!

 

飲み終わったペットボトルさえあれば、

簡単に設置できます。

 

では、その効果はいかほどなのでしょうか。

 

水入りペットボトルで野良猫が撃退できる理由は、

実は物理的なものです。

 

ペットボトルがおかれているため、

そこを歩けない…。

 

それだけです。

 

まだ若い猫の場合、見慣れぬキラキラした

ペットボトルにおびえて、近づかないこともあります。

 

しかし、何度も目にして、それが自分に

危害を与える存在ではないことが分かると、

我が物顔で行動するようになります。

 

水の入ったペットボトルは

虫めがね効果で発熱してしまうこともあります。

 

発火してしまう恐れがあるので、

積極的にはおススメできない方法です。

 

完全撃退を狙うなら野良猫専用の撃退グッズがおススメ!?

cat-600741_1280

野良猫を二度と寄せ付けたくない!

 

完全に締め出してやる!

 

そういった強い気持ちがある場合、

猫専用の撃退グッズがおススメです。

 

猫を撃退して侵入を防ぐ撃退グッズには、

さまざまなタイプがあります。

 

猫が通ると光で脅かすもの。

 

水で脅かすもの。

 

音、超音波で脅かすもの。

 

こういったものの中で、一番おススメなのは、

猫が苦手とするものを使った撃退グッズです。

 

中でも、超音波を使ったものがおススメ。

 

人間には聞こえず、猫の身に聞こえる音域で

なおかつ、猫のもっとも苦手とする

音で追い払う事ができます。

 

猫は頭が良いので、単に光や水で

脅かすだけでは、またやってきます。

 

そして、そのうち、

センサーが働かない場所をみつけて

そこから侵入するようになります。

 

知恵がある猫なので、

猫の撃退には、不快感を感じさせる方法で

撃退するのが必要です。

 

今すぐ野良猫を撃退する方法を確認する

 

自宅の庭に猫の糞!!野良猫被害の相談窓口ならココ!

cat-600741_1280

 

自宅の庭にやってきては、糞をしていく野良猫。

 

毎日うんざりしてしまう。

 

でも、飼い猫ではないようだから

苦情の言いようもない。

 

しかも、何匹もいるみたい…。

 

こんな時、どうしたらよいのでしょうか。

 

ここでは、野良猫の被害に困っているけど

どうしたらよいかわからない。

 

毎日庭に糞をされているけど、

誰にも相談しようがない。

 

そんな場合の解決窓口について

お伝えします。

 

今すぐ野良猫被害から自由になりましょう!

 

公的機関に依頼すれば野良猫は捕獲してくれるのか?

titus-63703_1920

まず、頼りになるのが公的機関です。

 

お住まいの地域の保健所や、

動物愛護センターに問い合わせてみましょう。

 

ここで注意したい事があります。

 

それは、多くの地域の保健所や動物愛護センターでは、

捕獲は行ってくれない、ということ。

 

つまり、野良猫に困っている時、

相談することはできますが、

実際に捕まえてはくれない、ということです。

 

しかし、人生相談ではありませんから、

話を聞いてほしいわけではありません。

 

実際に必要なのは、自宅に野良猫が

入ってこないようにすること。

 

家の周りから野良猫を追い払うことでは

ないのでしょうか。

 

では、その場合はどうしたの良いのでしょう。

 

近年、全国的に、犬猫の殺処分を

減らす傾向があります。

 

そのため、自分で捕まえていても

引き取ってくれない場合もあります。

 

自分で行動するまえに、まず問い合わせましょう。

 

動物保護センターに野良猫被害を相談すると解決できる?

23695_pets_vertical_store_dogs_small_tile_8._CB312176604_

動物保護センターの目的は、

あくまで動物の保護です。

 

地域にもよりますが、多くの場合、

動物の引き取りを行っています。

 

そのため、自分で捕獲することができれば、

捕獲した野良猫持ち込むことはできるでしょう。

 

では、持ち込まれた野良猫はどうなるのでしょうか?

 

これも地域によって異なります。

 

しかし、動物愛護センターは

あくまで動物の保護が主目的です。

 

最近では、殺殺処分は減少しています。

 

そのため、もちこまれた野良猫も、

引き取り先を探し、保護する、というのが

ファーストアクトとなります。

 

◆保健所には野良猫をもちこめない?!捕獲の前に確認を!

 

保健所にも、野良猫被害の相談をすることができます。

 

しかし、こちらの保健所も、

野良猫の捕獲までは行っていません。

 

そのため、どうしても困っている場合は、

自分で捕まえて連れて行くことになります。

 

そして多くの保健所では、

近年、殺処分を目的とした

引き取りを行っていない傾向があります。

 

動物保護センターなら、保護を目的に

引き取ってもらえる場合もあります。

 

しかし、保健所は目的が異なります。

 

捕獲してから困らないよう、

行動する前には事前に電話で相談するようにしましょう。

 

今すぐ野良猫を撃退する方法を確認する